電気自動車(EV)・電動バイクのレビュー

リーフの外出先での充電について

やはり家に充電設備はあった方が良い

電気自動車に乗る前は充電に対する不安があったのですが、今はすっかり皆無と言って良いほど。ただし家に充電設備がある事前提。

急速充電30分というのがスタンダードな運用方法だと思っていて、30分も何やってれば良いんだろうか、面倒だなーと思っていましたが実際のところ急速充電は長距離運転する時(片道200km以上)だけ高速道路などで使う程度で普段は普通充電を利用しています。

ショッピングやちょっと出かける場合、施設に普通充電と急速充電器があったりしますがその場合も普通充電しか使いません。
何故かと言いますと急速充電は40kwh以上出ますが、30分までなのでその間に車に戻って来なくてはなりません。
普通充電ならば少なくて1時間、場所によっては3時間というのもありますので気にせず駐車しておけるのと、普通充電の駐車スペースは電気自動車だけ駐車可能なわけではなく、どの車も駐車する事が出来る通常の駐車スペースと同じ扱いだったりするのです。
普通充電ですと3〜6kwh程度しか出ませんが、出先まで20km程度の距離だったりすると普通充電で走った距離以上は大体充電出来ます。

ZESP2の使い放題プランなら月額2,000円(税抜)

ZESP2カード

ただ、リーフのZESP2のカードですと急速充電は無料なのですが、普通充電の場合は有料で1分15円かかります。大した金額ではありませんが、家で充電する方が少し安いので実は普通充電もそんなに利用しません。

というわけで電気自動車に乗るのであればやはり自宅に充電設備は必須かなと思っています。
リーフの方はZESP2カードで急速充電が無料なので、自宅に充電設備がない方も多数いらっしゃるようです。30分の充電時間の過ごし方さえクリア出来ていれば案外自宅充電出来なくても問題無いとも言えますね。

他のEVはリーフほど優遇されていませんので自宅充電は必須かと思われます。
テスラのチャージングカードでも充電は無料なんですが、月額4,850円(税抜)かかります。前はもうちょっと安かったんですが値上がりしました…
急速が無料で月額料金が一番安いのはやはりZESP2なのでコストパフォーマンスはリーフが一番良いかもしれません。