MX-30
ニュース

マツダが初の量産EV MX-30を発表! − 日本のEV市場盛り上がりの予感

ついにマツダも自社の電気自動車を正式に発表しました。東京モーターショー2019で、同社初となる量産EVのMX-30を発表。e-SKYACTIVというマツダ独自のパワートレインが搭載され、公表されている欧州仕様では33.5kWhのバッテリー容量となる見込みです。

MX-30と魂動

マツダが提案する新世代商品の第三弾ともされるMX-30は、マツダのデザインテーマである魂動デザインを主としてデザインが施されています。クルマをただの鉄の塊ではなく「命あるもの」であると捉えることで、車と搭乗者との心が通うよな体験を届けられるよう設計。より美しく、より利便性の高い車となるようデザインされています。

MX-30とコルク

センターコンソールは、開放感のある空間となるような設計が。コルクや再生材からできた生地をはじめとした、環境への配慮が施された素材を使用。より環境にも優しい車となるよう設計されました。

また、この車内への「コルク」採用はマツダとして試行を重ねた結果でもあります。搭乗者が自然体で過ごすことができる車内空間の実現はもちろん、新たな表現への挑戦のためにも、用いる素材について様々な検討が行われました。そんな中最終的に採用されたのがコルクです。

コルク自体のぬくもりや雰囲気は、空間づくりにふさわしいと判断され採用が行われました。またコルクは木を伐採することなく製造することが可能で、木の皮を剥いで作られるため、8~10年程度の期間ごとに収穫が行われるます。そのため、比較的環境にも優しい素材であるといえ、そういった環境面と空間演出の観点から、車内の一部の素材としてコルクが用いられているようです。

MX-30と快適性

MX-30ではマツダの先進安全技術であるi-ACTIVESENSEをさらに強化し、スマートブレーキサポートの導入による衝突事故の防止や、白線のない道路での逸脱回避システムがドライバーの運転を大きくサポートします。

また、フリースタイルドアと呼ばれるドアタイプが投入されたことで、側面のドアは観音開きに。よりユーザーが車とともに日々の生活を楽しめるものとなるよう、設計されているようです。

MX-30の発売は

現在クルマ自体の詳細データに関しても欧州仕様のデータのみとなっている状況。これから順次続報が公表されると見られます。マツダも含めた日本メーカーの新EV発表が、日本国内のEV普及加速へ大きな足がかりとなるのでしょうか?

参考:マツダ、東京モーターショーにて 初の量産EV「MAZDA MX-30」を世界初公開(MAZDA)
参考・画像出典元:MAZDA MX-30(MAZDA)