Nissan Charge
ニュース

日産の欧州部門が NissanCharge を始動!EV充電スポット探しが楽になる

電気自動車の充電スポット探しは、利用ユーザーにとってはちょっと苦労するポイントの一つでもあります。そんな充電スポット探しをもっと楽に素早く見つけるためのサービスを、日産のヨーロッパ部門が始動させています。10月9日、日産のヨーロッパ部門は公式ページにて新しい電気自動車の充電サービスである NissanChargeを発表しました。

NissanCharge対応スポットは10万越え

このサービスは同社の電気自動車、日産リーフを使用しているユーザーを対象に、充電スポット探しをもっと効率的に行うためのアプリケーションシステムです。新車または中古車のリーフを所有するユーザーは、ヨーロッパ全体で100,000以上にのぼる充電スポットへアクセスが可能となります。

NissanChargeがコミュニティを形成

リーフ所有のユーザーは、iPhone・Androidどちらかでアプリをダウンロード後に、アカウントを作成して利用が開始。メールアドレスやパスワード、車両識別番号の登録後、デビッドカード・クレジットカード・paypalといった支払い方法を指定すれば、利用をスタート可能です。EVコミュニティ的な役割も担うとされるこのアプリでは、充電スポットのフィードバックや評価も共有可能。他のユーザーが、充電スポットを探す際の指標として参考にでき、リーフユーザーのための新たなコミュニティがそこに形成。今後益々拡大するEVコミュニティの一部として、大きな役割を担うとみられます。

NissanCharge 実装に向けPlugsurfingと提携

このNissanChargeは電気自動車向けのサービスプロパイダーである、Plugsurfingとのパートナーシップによって開発されています。現在はドイツとイタリアで利用が可能。2020年中にはベルギーやフランス、オランダなどを含めた約15カ国以上のヨーロッパの国々を対象としたサービス展開に向け、準備が進められています。

NissanCharge 日本版リリースの可能性は?

今回の充電アプリケーションサービスはヨーロッパのみの対象。現在日本ではNissanConnect EVという日産のEVアプリケーションが提供されていますが、充電スポットの確認や自車の電力状況確認が行えるといった機能となっています。こういったことから日本においても、支払いも一緒に行える新しい充電サービスアプリケーションがリリースされる日が来ることを、心待ちにしたいものです。

参考・画像出典元:New Nissan Charge application makes EV charging on the move easier than ever(Nissan)