Model S
ニュース

テスラ社製パトカー、電池切れ寸前の状態で追跡中断

ちょっと変わったニュースがアメリカから届けられました。アメリカ・カリフォルニア州で逃走車を追跡中であったテスラのEVパトカーが、電気切れ寸前の状態になり追跡を中断したという出来事がありました。

警察無線を傍受していた機関によれば、追跡中のパトカーはバッテリー残量が約10kmほど分しかなかったとみられます。別の部隊による引き継ぎが行われたものの、危険性を理由に追跡は中断されたよう。警察によれば、今回追跡を行なっていたのはテスラ・モデルS 85で6ヶ月の試用期間中に今回の出来事が発生したとみられます。

テスラ・モデルS 85は2014年に発売された電気自動車。4人乗り4ドアのセダンタイプとなるモデルS85は、航続距離502kmとトップレベルの走行性能を誇る電気自動車です。現在は最新モデルのモデルSが発売されているため、85の販売は行われていません。

これだけの航続距離を誇るモデルS 85でしたが、今回電池切れ寸前になる程バッテリー残量が少なかった理由は、詳しく公表されていないよう。今後、こういった公共機関での利用も増加していくことに期待したいです。

参考:テスラのパトカー、容疑者追跡中に電池切れ 米カリフォルニア州(CNN)
画像出典元:Tesla Press Kit(Tesla)