Model Y
車種紹介

テスラ「モデルY」 航続距離、電動SUV最長へ

2019年3月15日にアメリカで発表され、同日から予約もスタートされた「モデルY」。アメリカ・カリフォルニア州に本社を置く大手電気自動車メーカー「テスラ」が開発を進めてきた、新しい電気自動車SUVです。

「モデルY」は4つのグレード展開

モデルYでは4つのグレードが用意されています。通常仕様のグレードとなるのが「スタンダードレンジ」、そのほかに「ロングレンジRWD」「ロングレンジAWD」最上級グレードとなる「パフォーマンス」の4つ。それぞれのグレードを大きく左右するうちの一つに駆動方式があります。

「スタンダードレンジ」ではリアにモーターを1つ備えた後輪駆動。そのモーターの力も強く、0-100km/hまでの加速は6.3秒、最高速度は193km/hを実現しました。次のグレードとなる「ロングレンジRWD」もリアに1つのモーターを備えた後輪駆動方式でありますが、0-100km/hまでの加速は5.8秒で、最高速度は16kmも速い209km/hとなっています。

「ロングレンジAWD」はAWDとあって、モーターを前後に配置。全ての車輪が駆動する全輪駆動方式です。0-100km/hまでの加速は5.1秒、最高時速は217km/hで更に力強い走りを可能にしました。最上級グレードの「パフォーマンス」も全輪駆動を採用。前後に配置されたモーターは更に力強く、0-100km/hまでの加速にかかる時間は3.7秒。最高時速も241km/hと、スーパーカー並みのパフォーマンスを発揮する性能を保持しています。SUVでありながらも、走る楽しさを強く感じさせてくれそうです。

グレードを分けるもう一つの要素が、バッテリーです。一番ベースのグレードとなる「スタンダードレンジ」では、航続距離最大で390kmを実現。スタンダードレンジよりも更に長く走る事を考えたモデル「ロングレンジRWD」では、540kmもの長距離を走行可能としました。全輪駆動となる「ロングレンジAWD」は505km、最上級グレード「パフォーマンス」では最大で480kmの長距離を実現しています。

ファルコンウイングは無くなった「モデルY」

LEDを使ったヘッドライトと、テスラらしい外観をしたモデルYですが、先に発売されているモデルXで採用されていた「ファルコンウイング」の実装は無くなっています。このファルコンウイングはリア扉のみの開閉システムで、ボタンワンタッチで扉が真上に上がるように開くのが特徴的なシステムです。販売価格もモデルXより安いことなどから、ファルコンウイング廃止は納得できます。

関連記事:安全性と大容量が決め手の一台、テスラ初のSUV「モデルX」

フロントシートには12方向への自動調節が可能な機能とシートヒーターも完備しており、乗り心地にもこだわった室内空間が実現されています。また、モデルYではモデル3同様キーレスシステムとなっており、スマホを使ってキーに関わる開閉操作等を行うことが可能です。車内のインテリアは、15インチディスプレイと開放的なガラスルーフが印象的なデザイン。ドライバーにとってドライビングのモチベーションを左右する運転席周りのデザインは、ステアリングと15インチのディスプレイしかありません。こちらもモデル3同様の「ミニマリズム」な設計となっていることが伺えます。この15インチディスプレイでは、通常のナビ機能に加え、バッテリーの畜残量や充電時の充電状況、インターネット接続も可能となっています。また、テスラ独自の半自動運転システム「オートパイロット」の設定もこちらのディスプレイを通して行え、8台のサラウンドカメラと12個の超音波センサーを用いたこちらのシステムが、ドライバーの運転を大きくサポートしてくれます。こういったオートパイロットも含め、他の新しい機能や、車に関わるパフォーマンス等もワイヤレスアップデートを通して随時更新されます。

関連記事:テスラ史上一番手に入れやすい電気自動車、テスラ「モデル3」

「モデルY」でも、オプションで7名の乗車が可能

モデルXでもそうだったように、このモデルYにおいてもオプションで7名の乗車が可能になります。通常は定員が5名ですが、オプションで3列目のシートを追加選択ができ最大7名乗ることができます。SUVらしい大容量な空間も備えたモデルYですが、販売価格は通常仕様となる「スタンダードレンジ」で¥4,350,000から。「ロングレンジRWD」は¥5,300,000から。「ロングレンジAWD」は¥5,700,000からで、最高級グレードとなる「パフォーマンス」は¥6,700,000からの販売となります。モデルXに比べ比較的購入しやすくなった電気自動車SUVのモデルY。日本のSUVが2020年からどう変わるのかにも注目したいところです。

参考:テスラの新型EV『モデルY』、2020年秋までに生産開始へ(Response)
画像引用:TESLA公式プレス