ES6
車種紹介

NIO「ES6」が可能とした航続距離はトップクラス

2017年12月に先に発売されたNIOの「ES8」。累計で15,000台以上を納品されているSUV電気自動車ですが、その次に発表されたのが今回ご紹介する電動SUV「ES6」です。どちらも電動SUVであるものの、航続距離やパワートレインに関しては大きな差があります。

航続距離500km越えの「ES6」

先に発売されたES8と違う特徴の一つとしてあげられるのが、航続距離です。ES8では355kmといった航続距離であったのに対して、ES6は510kmと大きく差が開く性能となりました。どちらも欧州の基準となるNEDCでの走行値であるため、実走行可能距離としてはもう少し少ない値となるでしょうが、それでも、ES6では電気自動車として長距離走行を可能としています。バッテリーにはリチウムイオンバッテリーが使われ、標準モデルの70kWhと、オプション容量の84kWh2つを用意。84kWhのバッテリーにおいて、上記の500kmという航続距離が実現されます。

関連記事:世界初の車載AIを実現したNIO「ES8」

「ES6」は2つのモーターで力強い走りを

もう一つ特徴を挙げるとするならば、モーターのシステムでしょう。ES6の上位モデルでは、永久磁石モーターと誘導モーターの2種類を搭載。永久磁石モーターでは160kWの出力、誘導モーターでは240kWといった出力を発揮します。モーターが2つであることによって、消費燃料を削減しつつも、安定した力強さをユーザーに提供してくれるのも大きな利点です。また、前後に配置されたモーターによって全てのタイヤを駆動させる全輪駆動方式となるため、多種多様の路面状況でも安定した走りも見せてくれます。

全体としては400kWの出力を誇り、最高速度は200km/hに及びます。この2種類のモーターを駆動させることによって、0-100km/hまでの加速にかかる時間は4.7秒といった速さに。テスラ・モデルXより若干遅いような性能ではあるものの、航続距離やSUVというジャンルも含めて、モデルXと同等の性能を保持していることがわかるでしょう。

関連記事:安全性と大容量が決め手の一台、テスラ初のSUV「モデルX」

ES6はフルアルミニウムボディのシャーシで設計されており、全長4,850mm、全幅1,965mm、ホイールベースは2,900mmの5人乗りSUV。500km以上の航続距離に合わせて、これだけの速さをSUVとして保持しているため、十分な性能といえそうです。

「ES8」同様、AIがユーザーをサポート

専用にデザインされた室内空間は、ドライバーを含め搭乗者全員を少しでも快適にすべく、様々な先進的なデザインや技術が取り入れられています。新しくデザインがされたスポーツシートは、全てが革張りの重厚なシート。シート面足元にはオットマンも用意されており、長い航続距によって実現可能となる長距離ドライブにおいても、ユーザーのストレスを大幅に軽減してくれるありがたいシートデザインです。

センターコンソールには11.3インチの巨大なタッチディスプレイが鎮座。もちろん様々な最新システムの操作を行えるわけですが、こちらはワイヤレスアップデートに対応しています。そのため、ES6内のシステムは常時最新のソフトウェアへ更新される仕組みです。また、ファイアーウォールもシステム内に設置。データセキュリティの大幅な強化へ力も入れています。車内環境においても、これからの時代はさらなるデジタル化が進むことは目に見えている現代で、こういったユーザープライバシーの保護にも力を入れている点は、大きな評価ポイントでしょう。

デジタル化が進んでいるのは、タッチパネルだけではありません。改良されたヘッドアップディスプレイやデジタルディスプレイの計器類が、ドライバーの運転を大きくアシスタントします。また、ES8で世界初搭載された車載AI「Nomi」がES6にも搭載。車内搭載の人工知能として、タッチディスプレイから操作可能なシステムはもちろん、車内システム全てを司り、ユーザーの利便性や快適性追求に向けて最適な提案を行なってくれます。現在は中国語をメインに対応する形ですが、今後は多様な言語への対応も可能となるでしょう。

2019年6月より「ES6」初デリバリーが

北京モーターショー2019において初公開がされたES6ですが、2019年6月より既に初めての納車を行なっているとみられます。価格は6000台限定のPremierEditionで498,000元(約¥7,600,000)から。PerformanceVersionが398,000元(約¥6,080,000)で、StandardVersionは358,000元(約¥5,500,000)での発売となります。中国での販売のみとされていることから、中国ユーザーの声が非常に気になるところ。今後のさらなるアップデートも含めて、どういった盛り上がりがされるかにも注目です。

参考:NIO ES6は、最大510キロメートルのNEDC範囲で358,000 RMBから始まる補助金前の価格で発売されます(NIO)
画像引用:NIO ES6(NIP)