Audi e-tron
車種紹介

アウディが提案するブランド初のSUV電気自動車「e-tron」

4つの輪が重ね合わさった「フォーシルバーリングス」のエンブレムが特徴的な、アウディ。大手自動車メーカーとして長い歴史を持つアウディですが、2018年の9月18日に発表したのは、同社初となるSUV電気自動車「e-tron」です。航続距離400km以上を実現されたとされる同モデルは、SUV電気自動車の選択肢として、また1つ面白い選択を提案してくれました。

「e-tron」には、独自の回生システムも

モーターは、最大8秒間力を向上させることができる「ブーストモード」で最大300kWh、664Nmのトルクを実現するあパワーを誇っており、最高速度は電子リミッターで制御されているものの、200km/hもの力強い走りを実現しています。0-100km/hまでの加速にかかる時間も、ブーストモードではあるものの、テスラが発売するSUVの電気自動車「モデルY ロングレンジRWD」の5.8秒より若干速い5.7秒となっています。SUVと大きめの車であるものの、力強いパフォーマンスであることがよくわかります。この力強い走りを実現するために、AWDの駆動方式にも工夫が。リヤモーターを主として作動させるものの、雪の上などの滑りやすい路面や高速コーナーを走行中といったスリップが発生しやすい際に、自動的にシステムが切り替わりAWDでの走行がはじまるため、ドライバーや搭乗者は気付くことなく効率の良い走りを体感できます。また、独自の回生システムが組み込まれているのも大きな特徴です。ドライバーがアクセルから足を離すとき、ブレーキペダルを踏み込んだ2パターンで独自の回生システムが作動。運動エネルギーを電気エネルギーへと変え、航続距離へ最大30%貢献するほど重要な役割を担ってくれるシステムです。

関連記事:テスラ「モデルY」 航続距離、電動SUV最長へ

高級感と利便性を融合させた「e-tron」

足元や細かな部分を照らすLEDライトなどが、ラグジュアリーな雰囲気を演出してくれる車内は、5人乗りとなっています。車内のインテリアでも注目すべきなのがディスプレイ類。センターコンソール付近には、通常1枚のディスプレイが用意されていることが多いですが、e-tronでは2台のディスプレイを配置しています。それぞれでナビゲーションシステムだけでなく、空調システムをはじめとしたコントロールが可能。そのため、ボタン類があまり配置されておらず、こちらのディスプレイやハンドルに取り付けられたボタンから様々なアクションを起こすことができるよう設計されています。また、速度メーターや、バッテリー残量を表示するインパネ部分にもディスプレイが用意されており、夜間も安心して識別が可能に。ミラーレスシステムとなるe-tronでは、左右のミラー部分に取り付けられたカメラからの映像が、運転席と助手席両サイドのドアに備え付けられた小型モニターに表示されます。さすがはAudiと言わんばかりの先進的で、機能的なシステムやデザインがいたるところに散りばめられているのがよくわかります。そのほかにも、車体最後部のハッチバックをあけ、荷室に用意された扉を開けばさらに床下収納も用意されていて、たくさんの荷物を積むことが可能です。

SUVとしての存在感もある「e-tron」

先に発売されたモデルXの全長が5,037mm、モデルYの全長は4,700mm。e-tronはその間をいうサイズ感といった感じで、全長4,901mm、全幅1,935mm、全高1,616mmとなっており、ホイールベースも2,928mmです。SUVとしてしっかりとした大きさであることがこちらからも見て取れるサイズ感です。

関連記事:安全性と大容量が決め手の一台、テスラ初のSUV「モデルX」

Audiらしいデザインをした大きな車体には少し変わった充電ポートも用意。車体左側前方、前輪上部あたりにある、オレンジ色が輝く「e-tron」のマークを押すと、電動で扉が開きます。そこには充電用のポートが用意されており、ドライバーはそこから充電をすることが可能。少し変わった充電ポートの配置は、遊び心も感じれるデザインです。95kWhもの大容量バッテリーへはここから充電をすることができ、e-tronでは最大航続距離を400km以上も実現しています。最大150kWhでの直流(DC)高速充電も可能で、これを利用すれば最大30分で充電をすることもできます。また最大11kWhの交流(AC)充電もでき、オプション利用で22kWhの充電も可能になります。

「e-tron」の気になる日本発売は

今回紹介した内容は欧州仕様のもの。欧州ではすでに販売がされている「e-tron」ですが、現在2019年内の日本での発売との声もある中、詳細はまだ発表されていない状態。アウディのEVを日本国内で目にする日がやってくるのが非常に楽しみなところです。

参考:ファン トゥ ドライブを実現した電気自動車:The Audi e-tron
画像引用:Audi Japan Press Center