Tesla
車種紹介

テスラのSUVはどう違う? − モデルXとモデルYの違いを比較!【2019年・最新】

アメリカに本社を置く電気自動車大手のテスラ。非常に洗練されたデザインや機能をベースとして、多様な電気自動車を世に送り出しています。

そんなテスラでは、SUVタイプの電気自動車も2モデルラインナップ。モデルX、モデルYと名付けられたSUVは、モデルXがすでに販売されており、モデルYの販売を2020年後半ごろに控えているような状況です。

2020年にはSUVが2モデル販売されることになるわけですが、この2つのSUVにはどの様な違いがあるのでしょうか?今回は、そんなモデルXとモデルYにおけるそれぞれの違い、また共通する魅力もそれぞれの比較を通して解説していきましょう。

モデルXとモデルY 走行性能の違いは?

電気自動車購入を検討される方にとって一番気になるのは、電気自動車としての走行に関する部分といっても過言ではないでしょう。航続距離はもちろん、十分なパワーを発揮できるかも焦点となります。

モデルXでの走行性能

モデルXには2つのグレードが用意されており、それぞれでモーターとバッテリー容量が違う形です。より長く走行が可能なモデルのロングレンジは、航続可能距離が507kmに及び、0-100km/hまでの加速を4.6秒で行うことが可能。

もう一つのグレードとなるパフォーマンスは、0-100km/hの加速が2.9秒、航続可能距離は487kmに及びます。特にパフォーマンスグレードにおいては、非常に力強い走りを行うことが可能です。また、基本的にどちらのモデルもAWDを採用。前後に1つずつ搭載されたモーターによって、全輪が駆動するシステムとなっています。そのため、4輪駆動が必要とされる雪の多い地方都市であっても、このモデルXなら比較的安心して乗ることができるでしょう。

また、モデルXでは牽引も可能で、2,250kgまでのものを牽引することもできます。

モデルYでの走行

それに対して、モデルYでは3つのグレードが走行性能を左右しているような形です。グレードはパフォーマンス・ロングレンジAWD・ロングレンジRWDの3つ。

高い走行性能を誇るパフォーマンスでは後続距離が480km、20インチのパフォーマンスホイールが用意され、最高速度は241km/hにも及びます。100km/hまでの加速は3.7秒です。こちらはAWDのため、力強いトルクを発生させることができます。

続いて、長い航続距離と全輪駆動での走行が可能となっているのが、ロングレンジAWDです。こちらのモデルでは、18インチまたは19インチのホイールが選択可能で、航続距離は505km、最高速度は217km/hで、100km/hまでの加速は5.1秒となっています。

モデルY最後のグレードであるロングレンジRWDでは、航続距離が最大となる540kmであることが一番大きな魅力。こちらも18インチ、または19インチのホイールをチョイス可能で、0-100km/hの加速を5.1秒で行います。最高速度は209km/hです。

モデルXとモデルY 車内環境の違いは?

続いて、車内のレイアウトやシステム等、車内環境についてはどのような違いがあるのでしょうか?

モデルXの車内環境

すでに販売がされているモデルXではオプションにより、最大3列までシートが配置可能。人数は7人まで乗車できます。後部の2列は折りたたむことができ、フラットな空間を設けることで多数の荷物を搭載可能。従来はエンジン等が格納されるボンネット部分も収納としているため、車両全体で2,487ℓもの収納スペースが確保されます。

長期の旅行や大人数での移動はもちろんのこと、スノーボードやスキー、サイクリング、海でのアクティビティなどなど、レジャーを楽しみたいときにも最適な広さを誇ってるでしょう。

また、車内には17インチの大型タッチスクリーンを配備。ナビゲーションシステムだけでなく、ネット接続やBluetooth接続によるオーディオやエンターテイメント関連のコンテンツも利用可能です。自車のエネルギー情報の確認や推測、走行時に必要となる各種設定もこちらから行えます。

それに加え、全席にシートヒーターが搭載。運転席のステアリングにはステアリングヒーターもついており、これらの機能がエアコン使用等を控えることにつながり、より走行可能距離を伸ばすための工夫ができます。

モデルYでの車内環境

まだ販売が行われていないモデルYは、現時点での情報がまだ完璧でなかったり、少なかったりしている状況。ですが、その中でも比較可能な部分がいくつか挙げられます。

モデルXに比べ、車全体として少し小さめの造りとなっていることが特徴のモデルY。ミッドサイズSUVとして展開されるようで、積載可能容量等は少し劣る部分があります。ですがこちらのモデルYでも、オプションで7人まで乗車が可能です。

シートはモデルYにおいても3列まで設定することができ、後方座席となる2列分は折りたたむことができます。フラットな部分に荷物が積め、モデルX同様ボンネット部分にも荷物が積めるようになっている仕様です。モデルXでは2,487ℓもの収納が可能でしたが、モデルYでは約1,900ℓの収入容量と少し少ない形に。それでも十分なほど荷物を乗せることができるでしょう。

また、モデルYにもタッチディスプレイが搭載されていますが、こちらは15インチのタッチディスプレイとなります。モデルXでは縦型の配置であったことに対して、モデルYでは横型の配置となっていることも相違ポイントです。とはいえ、モデルYはかなり後になってからの販売となるため確信はできないものの、内臓システムやタッチディスプレイ内コンテンツのインターフェイス面等では、より洗練された新しい形のものが取り入れられることも考えられます。

両モデルとも十分に広いスペースが確保できる理由

2つのモデルとも非常に広いスペースが確保でき、電気自動車としての性能を力強く発揮してくれるだけでなく、SUVとしての機能も存分に活用可能なモデルとなっています。その理由は、電気自動車特有のスペース確保といった部分にあるのです。

電気自動車は従来の内燃機関(ガソリン車等)に比べて、エンジンやラジエーターと呼ばれる機関を必要としないため、それだけ広いスペースを確保できます。また、バランスやスペースの有効活用の面からも、バッテリーを車両の床下に設置されることが多いことも一つの特徴・要因です。

そのため、これまでのクルマよりも、より広く効率的なスペースの創造を可能としてます。

モデルXとモデルYに共通する テスラオートパイロット

さて、これまでご紹介した内容は現時点で確認できる大きな相違点でした。ですが、テスラ車である両モデルには、テスラの大きな魅力の一つである自動運転機能が搭載されているという点は共通する部分でもあるのです。

テスラのオートパイロット

テスラはオートパイロットと呼ばれる自動運転技術を開発・実装しています。こちらのシステムは、サモンと呼ばれる自動車庫入れシステムを搭載していたり、縦列駐車や並列駐車を自動で行うオートパーキング機能が搭載されたりしています。また、高速道路での車線変更を自動で行えるシステム等もあり、非常に高いレベルでの自動運転を利用することが可能です。

これらのシステムやドライビングアシストは、8台のカメラ・12台の超音波センサーによって360度を常に監視することで実現していて、テスラの技術力の高さが伺えます。また、現在はドライバーの監視が必要なレベルでの自動運転技術(運転支援といった捉え方)ではあるものの、将来的には完全自動運転も可能とするよう、日々改良が進められています。

ワイヤレスアップデート

そして、テスラ車の自動運転において非常に魅力的なポイントとなるのが、このワイヤレスアップデートです。例えば「USBケーブルをPCと接続することでアップデートを行う」のような、これまでの“機器アップデート”のイメージではなく、ケーブル等が一切必要とされない完全無線でのアップデートとなります。

このアップデートによって自動運転のシステムは常に最新の状態を保つことができ、さらには他の搭載システムにおいても常に最新のデータ・技術で運転が行えるようになるわけです。

これまでのように修理に出し、高い費用を払って改造するかのごとく改良を行うことや、この車を最新のものにすることは物理的に無理だ!と諦めることが必然的に無くなります。コスト的にも環境的にも、また私たち利用ユーザー側の満足度的にも、非常に画期的なシステムがテスラ車には搭載されているのです。

参考:Model X (Tesla)
参考:Model Y (Tesla)
画像出典元:Presskit (Tesla)