EQC
車種紹介

手厚いサポートも魅力な、EVクロスオーバーSUVのメルセデスベンツ「EQC」

2016年に開催されたパリモーターショーでコンセプトモデルが発表され、メルセデスベンツ日本初の電気自動車となる「EQC」。5人乗りで、SUVとSUVクーペの中間「クロスオーバーSUV」とされる同車は、最新のシステムやメルセデスベンツ日本独自の手厚いサポートによって、電気自動車普及のアシストとなることも期待されます。

手厚いサポートと最新のシステムを実現した「EQC」

メルセデスベンツはサブブランドとして「EQ」を設立しました。こちらのブランドは電気自動車専門のブランドで、その第一弾電気自動車となるのがこの「EQC」になります。

「EQC」ではアフターケアとして「EQ」ケアが用意されます。

EQケアとは登録から5年間か走行距離10万kmかのいずれかに至るまで、
・一般保証
・メンテナンス保証
・24時間ツーリングサポート
が無償で受けられるというものです。

また走行用高電圧バッテリーについては8年間か、16万kmまで保証されます。

またメルセデスベンツでは「Mercedes me」という独自のプラットフォーム内の1つとして、「Mercedes me Connect」というサービスを展開しています。このMercedes me Connectは、インターネットを駆使したサービスとなっており、24時間の故障や緊急通報サービス、ソフトウエアアップデートを受けることが可能。また車両がどこにあるかを把握できる車両位置検索システムや、充電ステーションの位置や詳細情報、現在の空き情報などを確認できるシステム、スマホで目的地をあらかじめ指定し、車内のナビゲーションシステムへ転送が可能な「send2car」といったシステムを利用することができます。この他にもたくさんのシステムが用意されていますが、これらはMercedes me専用アプリを使ってスマホからも利用することが可能です。

独自の車内システム「MBUX」がEQCに搭載

車内にはマルチメディアシステム「MBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)」を搭載。この最新メディアシステムは、ナビゲーションシステムに加え、運転モードの切り替え、充電状況の確認の他、先述の「send2car」から送られてきた目的地情報を接続してナビゲートしてくれます。このMBUXへ「ハイ、メルセデス」と話しかけると自動対話式音声認識機能が起動。AppleのSiriのように実際にドライバーや搭乗者が会話をしながらシステムの起動や、サービスとの接続も行うことが可能です。  

これら通常搭載されたシステムや、安心のサービスの他にメルセデスベンツ日本独自のサービスとして「Mercedes me Charge」も展開されるのも大きな目玉の一つと言えるでしょう。こちらのサービスは、手続きをすることでもらえる専用の充電カードを利用すると、全国に約21,000基ある充電ネットワークを利用して無料で充電できるサービスです。こちらは登録から1年間のサービスとなっていて、それ以降は利用料がかかります。

このような非常に手厚いサービスを受けれることは、初めてEV車を利用する人にとっても安心できる側面と言えるでしょう。

「EQC」航続距離は最大約400km

一番重要なバッテリーの持ち具合ですが、EQCの最大航続距離は約400km。80kWhのリチウムイオンバッテリーを使用しています。かなり長い距離を走行可能なこのバッテリーは、6.0kWまでの交流普通充電では約13時間、また走行条件や運転条件によって変わりますが約120km走行分の充電を30分で可能とします。

最高速度180km/hでの走行も実現。最大出力は300kW、最大トルクは765Nmとなっています。フロントとリアにそれぞれ1つづつモーターがついたAWD駆動方式でありながら「可変式4MATIC」というシステムを搭載しています。通常走行ではフロントモーターのみの全輪駆動ですが、走行状況に合わせてリアモーターも駆動させます。これにより雪道などの悪事でも力強い走行を可能としています。電気自動車でありながら「SUV」の多目的性や力強さは、こう言ったところからも感じ取ることができます。

2019年10月以降より「EQC」特別仕様車が納車開始

メルセデスベンツ日本初となるEV車「EQC」の販売価格は、55台限定となる特別仕様車が税込¥12,000,000から。通常仕様車が¥10,800,000からとなっています。特別仕様車は2019年10月以降、通常仕様車は2020年春以降の納品予定です。7月18日からは公式ページにおいてWebでの商談予約も開始されています。先述の多様なサービスにより、初めてでも安心して使用できるよう体制が整えられ、電気自動車のさらなる普及も期待ができる「EQC」。クロスオーバーSUVとしても、電気自動車としても生活を楽しくしてくれそうです。

参考:メルセデス・ベンツ、SUVスタイルの新型EV「EQC」発表会(carwatch)
画像引用:メルセデス・ベンツEQC公式サイト
画像引用:Mercedes me