NISSAN e-シェアモビ
車種紹介

NISSAN e-シェアモビってどんなサービス? − 料金や利用方法、利用可能な車種などを解説!

完全電気自動車である日産リーフをはじめ、日系企業の中では電気自動車のライナップに充実も感じる日産。そんな日産の電気自動車に特化したシェアリングサービスが、首都圏や関西を中心に全国で展開されていることをご存知でしょうか?

NISSAN e-シェアモビと呼ばれるこのシェアリングサービスは、最短15分200円といったリーズナブルで気軽な利用もできる、電気自動車特化型のシェアリングサービスです。

今回は、そんなNISSAN e-シェアモビについて、料金や利用方法、特徴などを解説していきます。電気自動車の購入を検討している方が、試乗といった意味でも利用しやすいサービスですので、ぜひ参考にしてみてください。

NISSAN e-シェアモビとはどんなサービス?

日産が運営するこのe-シェアモビは、日産が販売を行なっている「日産リーフ」「ノート e-Power」「セレナ e-Power」といった電気自動車のシェア利用が行えるシェアリングサービスです。

24時間いつでも予約することができ、全国各地に用意されたステーションから事前に予約した時間帯・車種の電気自動車を利用することができます。

2019年末現在、47都道府県全土にステーションが用意されているわけではありませんが、首都圏や関西近郊に多数のステーションが用意され、その他の都道府県にもいくつかステーションが用意されている状況です。

また、免許証が会員証代わりとなるため、外出先で「会員証がないから今日は使えない!」と諦める必要もなく、いつでも気軽に利用できるのは大きなメリットといえるでしょう。

NISSAN e-シェアモビの特徴

このサービスの特徴は大きく次の3つです。

  • いつでも気軽に利用できる
  • 電気自動車をお手軽な料金で
  • レンタカーとしても試乗としても利用可能

いつでも気軽に利用できる

先ほどもお伝えした通り免許証が会員証の代わりとなっているため、外出先でも気軽に利用できるのは大きな特徴でしょう。24時間いつでも予約ができ、来店する必要なども無いため、非常にスマートな利用ができます。

また最短15分からの利用ができるといった点でも、電気自動車を気軽に楽しむことができるといった印象です。

電気自動車をお手軽な料金で

料金設定がリーズナブルに設定されているのも魅力的な部分。通常レンタカーで車を借りようと思えば、このサービスに比べ利用料金が高くなることがほとんど。よほど安いサービスでなければ、6時間利用で¥10,000以上するようなケースもあります。

それに対して、e-シェアモビはシェアリングサービスのため、リーズナブルな利用が可能です。また、サービス自体を日産のグループ会社が運営しているため、そういった面でも安心して利用することができます。

レンタカーとしても試乗としても利用可能

単純に車を借りたい方も、電気電気自動車の試乗といった意味でも利用できるのも一つの魅力です。最近は店舗で試乗することも可能となってきましたが、実際の購入に踏み切るか迷っている場合は少し気まずく感じてしまって、店舗試乗が苦手な方もいるのでは無いでしょうか?

そういった方でも、15分の軽い試乗ができるこのサービスはベストともいえそうです。

NISSAN e-シェアモビの利用方法

では、実際に利用する場合の流れはどのようになるのでしょうか?
ここからは、具体的な利用についてを解説していきます。

  • ネットで会員登録
  • 予約する
  • 乗車する
  • サービス利用後

大きく4つに分けてみていきましょう。

まずはネットで会員登録!

利用前に、まずは会員登録を行う必要があります。e-シェアモビの公式ページへ行くと、会員登録ページがありますので、そこから会員登録を行いましょう。

住所や氏名、生年月日といった基本情報やメールアドレスの入力を行います。また、本人確認のための免許証画像のアップロードも必要です。ご自身の免許証を裏表撮影した画像をここでアップロードして提出を行います。

利用日時や希望車種をネットで予約!

会員登録が完了し、指定したメールアドレス宛に会員登録に関するメールが届いたら、予約を行うことが可能になります。登録した情報をもとに予約ページへログインしましょう。

乗車を希望するステーションや乗車開始日時、返却希望日時を指定して、新規の予約を行います。ここでは貸し出し状況に関しても確認することができますので、希望する車種が希望するステーションから借り出し可能かどうかをチェックしながら、予約を進めていきましょう。

いよいよ実際に乗車!

指定した日時(即日でも可能)がやってきたらステーションへ向かい、実際に乗車することができます。

車体の後ろ側の窓に取り付けられた専用カードリーダーに免許証をかざすことでドアが解錠。これで車内に乗り込むことができるようになります。なんとも先進的な利用システムです。

乗車すると助手席に貸し出しキーボックスが備え付けられていますので、こちらからキーを取り出していよいよ運転開始です。

返却後はクレカで支払い!

後述する利用プランで指定した時間がきたら、借りたステーションに戻って返却を行います。車を所定の位置に戻し、指定された充電作業等を終えたら終了となります。

利用料金は事前に登録したクレジットカードで引き落としされるシステム。そのため、その場で料金を支払う必要もないため、キャッシュレスでの利用が可能となっています。

NISSAN e-シェアモビの利用料金

続いて気になる利用料金についてもみていきましょう。

E-シェアモビでは走行量に応じた料金請求ではなく、時間制での料金支払いといったシステムになります。また、サービス利用登録や初めての利用に際しての入会金・手数料といったものは一切かかりません。

料金体系は、ベーシックプランと月額無料プランの2つに大きく分かれています。ベーシックプランは月額¥1,000の有料プランで、その分だけ利用料金が安くなるようなシステムです。それに対して、月額無料プランは月々の支払いが無い分だけ、利用料が少し高く設定されています。

冒頭でもお伝えしたように、15分からのショート利用、様々な長時間パックが用意されており、ショート利用の場合は、ベーシックでも無料プランでも変わらず15分200円から利用が可能。一方でパック利用の場合は利用料にプラン同士で600円の差が出ます。

パックは、6時間や24時間の長時間パックや、18時から24時までのアーリーナイトパック、17時から翌朝10時までのビジネスナイトパックなど、皆さんの利用用途によって豊富なパックラインアップかチョイスすることが可能。

仮に日産リーフに乗車希望で6時間パックを選択した場合、月額費がかかるベーシックプラン利用者で3,500円、月額無料プラン利用者で4,100円での利用が可能となっています。

NISSAN e-シェアモビでの利用可能車種

このサービスでは次の3つの電気自動車が用意されています。

  • 日産リーフ
  • セレナ e-Power
  • ノート e-Power

それぞれの特徴についても軽く触れていきましょう。

100%電気自動車 日産リーフ

日産の電気自動車の中では目玉的な存在でもある日産リーフ。こちらは、完全な電気自動車であるため、セレナやノートのようにガソリンは必要としません。

5人乗りの乗用車タイプのため、このサービスではコンパクトサイズとして扱われます。 電気自動車としての魅力だけでなく、プロパイロットパーキングによる車庫入れのアシスト機能や、プロパイロットが日常の運転を大きくサポート。走行可能距離は最大458km(WLTC)であり、十分な走行が可能です。

リーフに関しては以下の記事でも詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:先進技術がたくさん詰まった電気自動車「日産リーフ 」

ミニバンタイプのハイブリット セレナe-Power

セレナe-Powerは、家族で乗りたい方や友達同士の大人数で利用を考えている方にぴったりな7人乗りのミニバンタイプです。

こちらも先進技術が搭載されており、プロパイロットやエマージェンシーブレーキ、小さなお子様がいる方でも安心して乗ることができる装備や仕様が盛り込まれた1台となっています。車内レイアウトや機能がファミリー向け・大人数向けの仕様となっていますので、休日のレジャーや長距離移動、アウトドアを楽しみたい方にもってこいな車といえそうです。

燃費はe-Powerという電気自動車システムもあり、26.2km/ℓ(JC08)といった数値となっています。

セレナについては、以下の記事も参考にしてみてください。

関連記事:日産の電気自動車・e-POWERのラインナップはこれ!【2019年・冬】

スポーティーにも対応なハイブリット ノートe-Power

実際に販売されているモデルにはスポーティーなタイプも実装されているノートe-Power。5人乗りのコンパクトサイズに分類されます。

こちらもインテリジェントクルーズコントロールと呼ばれる一定速度での走行を支援するシステムや、エマージェンシーブレーキなどの先進技術を搭載。ドライバーの街乗りや長距離ドライブを大きくアシストしてくれる一台です。ノートの場合もハイブリットカーとなりますが、燃費は34km/ℓ(JC08)と高い水準での走行ができます。

ノートについてさらに気になる方は、以下の記事もぜひ参考にしてみてください。

関連記事:日産の電気自動車・e-POWERのラインナップはこれ!【2019年・冬】

NISSAN e-シェアモビは電気自動車の購入で迷っている方も、お出かけのためのレンタカーとしても使うことができる非常に便利なサービスです。

購入を迷っている方は特に、15分のショート利用等を購入検討の材料として利用してみてはいかがでしょうか?

参考:NISSAN e-シェアモビ (NISSAN)
画像出典元:ノート e-POWER」に4WD車を追加(NISSAN)
画像出典元:日産、「セレナ」をマイナーチェンジ(NISSAN)
画像出典元:「日産リーフNISMO」を発売(NISSAN)
画像出典元:日産自動車、カーシェアリングサービス 「NISSAN e-シェアモビ」を開始(NISSAN)