Ultimate Luxury
車種紹介

超高級SUV電気自動車「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ・アルティメット・ラグジュアリー」

メルセデスベンツの最上級ブランドとして存在するマイバッハ。そのマイバッハが提案するラグジュアリーSUVは、最上級ブランドマイバッハの名に相応しい洗練された1台です。2018年に中国・北京で開催された北京モーターショー2018にて発表された「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ・アルティメット・ラグジュアリー」は、完全なる電気自動車。4人乗りのクロスオーバーSUVとなります。

マイバッハとしての技術力を誇示する

メルセデスマイバッハとしては初となるSUV電気自動車として提案がされたアルティメット・ラグジュアリーは、その高い技術力を余すことなく示しています。全輪駆動となるモーターには4つの個別のモーターが取り付けられ、出力は550kW。電子リミッターによる制御がかかっているもの、最高速度はSUVでありながら250km/hと力強い走りを楽しめるスペックです。床下に搭載された80kWhの容量を誇るバッテリーによって、500km/h以上の航続距離となる見込み。欧州基準とされるNEDCではあるもの、走行可能距離としてはハイレベルな数値といえるでしょう。このバッテリーはDC急速充電にも対応。約100km走行分のバッテリーを5分で充電します。充電に関しては、家庭用コンセントと街中の公共充電ステーションでのケーブルに対応していることに加え、ワイヤレス充電にも対応。様々なシチュエーションでの充電に対応することで、ユーザーの利便性を大きく向上せています。

中国の富裕層に向けたデザイン

アルティメット・ラグジュアリーの大きな特徴は、何といっても華麗なまでに作り込まれた車内デザインでしょう。メルセデスマイバッハのS-Classをモデルにしているとされる車内は白を基調に、木目調のパネルや差し色として優しく光る青色のライトが、全く新しい世界観を確立しています。ダッシュボード周りは、ボタンの配置を極力少なくした設計で、流動的なラインが流れるデザインです。車体後方まで伸びているセンターコンソールに用意された電動開閉式のカバーを開くと、そこには保温可能なティーセット用のトレーが。ティーポットとカップを一緒に用意することで、外出しながらも本格的なティータイムを楽しめるといったなんとも贅沢なインテリアも用意されています。こういった保温機能はベンツS-Classに通常装備されているものよりさらに良い機能で、さすがは多くの富裕層に愛されるベンツ。これまでに培ってきたユーザーに対するホスピタリティ精神がこういったところにも現れています。シートはヘッドレスト一体型の独特なデザインをした高級感溢れる革張りのシート。自由なリクライニングや電動のレッグサポートがストレスないドライブを提供してくれます。

メルセデスユーザーエクスペリエンス

高貴な車内体験はインテリアやデザインだけではありません。メルセデスが提供する独自の先進システムが、さらなる利便性や快適空間を演出してくれます。アルティメット・ラグジュアリーではメルセデスユーザーエクスペリエンスというシステムによって、まるで執事がいるかのような体験が。乗車時の気分に合わせて音楽が再生され、事前に登録されているカレンダーによって、適切なルートを計画し提案。前方座席のユーザーに向けたサービスだけでなく、後部座席に搭乗するユーザーに合わせ、多様なドリンクとリラクゼーションプログラムも提供されます。なんともハイレベルなサービスがアルティメット・ラグジュアリーには用意されているのです。

また、「ENERGIZING comfort control」というシステムも車内をさらに上品な空間へ変身してくれます。こちらのシステムではベンツS-Classからあるシステムが引き継がれ、マッサージや香水、ライティングや音楽などのシステムを組み合わせ、最適な車内環境を実現。これによってユーザーの疲労軽減、リラクゼーションを行ってくれます。ベンツS-Classでのこのシステムでは、フレグランスの種類も好みのものに変更できたことから、ユーザーの好みで最高の車内環境を作り上げることができる贅沢な機能です。

システム操作に関しても高いレベルのものが。タッチスクリーン、センターコンソールのタッチパッド、ステアリングに搭載されたタッチコントロールボタンで、ユーザーの直感的な操作と制御も行えるよう設計。それに加え、ユーザーの声に合わせて調整可能な音声コントロールが、流行語や言語変更に対応しながら、ユーザーの利便性をさらに高いものにしてくれます。

メルセデスマイバッハはアルティメット・ラグジュアリーの発表によって、その技術力の高さや存在感を大きく示しました。世界最大のEV市場の中国でメルセデスマイバッハが今後どのような反応を得られるのか、コンセプトカーとして楽しみなところです。

参考・画像引用:Vision Mercedes-Maybach Ultimate Luxury. (Mercedes-Benz)