Semi
車種紹介

テスラ「Semi」はトラック業界にどんな風を吹かすのか

モデル3やモデルXなど市場に多くの電気自動車を投入しているテスラ。電気自動車メーカーとして世界を代表するテスラが新たに販売するのは、完全電動の大型トラック「Semi」です。発売が予定されるアメリカでは、トラックドライバーが不足していることも多きな問題となっている中、Semiの登場によりトラック業界を含め、物流がどう変わっていくのかも楽しみな部分といえます。

「Semi」が誇る確かな走行性能

2017年11月16日、テスラの代表イーロンマスク氏が発表したEVトラック「Semi」。最大積載量は約36トンの大型トラックです。

モーターは4つの独立したモーターが搭載され、従来のディーゼルトラックをも凌駕する圧倒的なまでのパワーを保持します。傾斜角5%の上り坂であっても約100km/hで走行を可能に。従来のディーゼルトラックなら約70km/hが限界とされるため、十分なパワーを保持していることがわかります。電気自動車特有の加速性能も相まって、0-60mph(0-96km/h)までの加速にかかる時間は20秒ほどです。

一番肝心なバッテリー性能は、最大積載量を乗せても約800km走行が可能になるほどの能力を持ち合わせています。従来の内燃システムよりも燃料コストがかからないため、約160万キロ走行で$200,000以上もの燃料節約が。また電気自動車であるためエンジン車と比べてメンテナンスする部品が圧倒的に少なく、メンテナンスにかかるコストを含めたトータルでのランニングコストも大幅に削減できるといった側面も持ち合わせます。それに加えテスラでは160万kmまでの走行でメンテナンス保証を行うことも予定。こういった部分は、アメリカという広大な土地で事業を行う物流業者にとっては、大きなメリットとなることでしょう。

これだけの長距離を走行と可能にするSemiにはバッテリー容量を2種類用意。約480km走行可能な300マイルのモデルと、約800km走行可能な500マイルのモデル2つです。30分で400マイル分のバッテリー充電を可能にする高速DC充電器にも対応しています。

「Semi」はドライバーの乗車環境を大きく変えるか

特徴的なデザインのエクステリアは、テスラを感じられるようなデザインともいえるでしょう。車体前方にはトランクを用意。従来のトラックではそれぞれのメーカーによっての差はあるもの、収納も少なく荷物の置き場に困るといったことが。Semiにおいては電気自動車の特徴でもある、部品や搭載システムを少なくできるといったことから、かなりの容量を収納可能なトランクの設置を実現しています。これによりドライバーは今まで以上に車内環境を良いものへ変えることができそうです。

車内空間ではテスラの最新システムがドライバーの運転を大きくサポートしてくれます。立つことも可能なほどの広々とした空間が確保された車内には、中央にシートを配置。全ての動作をドライバー中心で行なっていくことができるような造りです。ダッシュボードの両サイドには2つのタッチスクリーンも搭載。こちらは15インチのタッチスクリーンとなっていて、それぞれのディスプレイの端には車両の両サイドに取り付けられたカメラによって捉えられた映像が。これによって、車外環境をより正確に確認することができます。また、車内に用意された最新システムではインターネット接続も可能。ネット接続を可能にすることで、ルートやスケジュールといった貨物輸送に関する運行管理も遠隔で管理・共有できるようになります。こうしたシステムは、物流をもっと効率的なものとしてくれるでしょう。

これらに加え従来のテスラ車に搭載されているような安全運転システムも準備されています。Semiに搭載された車載センサーは、ドライバーの不安定な走行を感知すると自動的にブレーキを個別制御。トラックが急ブレーキをかけた際に運転席部分と積荷部分がくの字に折れ曲がってしまう「ジャックナイフ現象」を阻止します。センサーだけでなくカメラも搭載しているSemiは、車外に取り付けられたサラウンドカメラによって障害物や危険発生を認識。走行に支障をきたす場合はドライバーに警告を発し、大きな事故の抑制につなげるようです。また、先導するSemiに対して自動追尾する走行システムも搭載するとみられ、ドライバーのストレス軽減や安全性を高める最新のシステムがしっかりと備わっています。

2019年のSemi生産開始を目指しており、300マイルモデルで$150,000、500マイルモデルで$180,000の販売価格が予定されています。現在アメリカ国内向けのテスラサイトにて予約受け付けもはじめっていて、頭金$20,000を支払えば予約も可能。全く新しいEVトラックSemiによって物流が今後どう変わっていくのか非常に楽しみなところです。

参考:First look at the Tesla Semi’s strangely-shaped, generous frunk(Teslarati)
参考・画像引用:テスラ プレス情報(TESLA)